OLD PHOTOS of JAPAN, 日本の古写真:明治、大正、昭和、古い写真を通して「日本」を知るフォトブログ

Old Photos of Japan
1860年代から1930年代の日本の写真を紹介しています。1854年、日本は200年以上続いた鎖国を解き、それは真に驚くべき変化の引き金となりました。ちょうどその頃、まるで運命かのように、写真が発明されました。古い日本が消え、新しい日本が生まれるにつれ、挑戦心ある写真家たちが写真を撮りました。貴重で珍しいこれらの写真から、古い日本の当時の暮らしを見ることができます。

ボランティア募集中!

記事を日本語に翻訳ができる方募集中です!ボランティアしませんか?ご連絡をお待ちしております。
このサイトについて

1890年代の横浜 • 伊勢佐木町二丁目

伊勢佐木町と賑町の間一帯は、劇場街として外国人には知られていた。1877年(明治10年)頃から、この通りには劇場、茶屋、料理屋が数多くあって、多くの人々が集まって来て明治時代(1868~1912)中期の横浜で最も賑やかな場所になっていた。この写真は、松ヶ枝町(現在の伊勢佐木町二丁目)にあった勇座の辺りの、1887年(明治20年)から1897年(明治30年)当時の様子を見せている。1899年(明治32年)の火事でこの辺りは消失して、全てが永久に姿を消してしまった。

劇場、上演芝居、役者などを宣伝しているこれ等全ての幟を見ると、日本で現在ネオンサインが大変好まれているのが何故かがわかる。事実ネオンサインは電気幟だ。私は幟のほうが好きで、風にはためく様子やその音がたまらない。また環境面からも幟のほうが遥かに好い。

伊勢佐木町について更に詳しく知り、1910年代に同じ場所で撮られた写真を見るには、「1910年代の横浜 • 伊勢佐木町二丁目」を見て欲しい。

撮影者: 日下部金兵衛
発行元: 日下部金兵衛
メディア: 鶏卵紙
写真番号 71005-0007

写真利用許可を申請される場合は、この写真番号で指定して下さい。
オンラインのご注文も可能です(英語): 71005-0007 @ MeijiShowa.com

注意
写真の使用には料金が発生します。
Posted by • 2008-10-16
コメントをどうぞ







Textile ヘルプ

注意点: 貴方のメールアドレスは必ずご記入下さい。但し表示されることはありません。