OLD PHOTOS of JAPAN, 日本の古写真:明治、大正、昭和、古い写真を通して「日本」を知るフォトブログ

Old Photos of Japan
1860年代から1930年代の日本の写真を紹介しています。1854年、日本は200年以上続いた鎖国を解き、それは真に驚くべき変化の引き金となりました。ちょうどその頃、まるで運命かのように、写真が発明されました。古い日本が消え、新しい日本が生まれるにつれ、挑戦心ある写真家たちが写真を撮りました。貴重で珍しいこれらの写真から、古い日本の当時の暮らしを見ることができます。

ボランティア募集中!

記事を日本語に翻訳ができる方募集中です!ボランティアしませんか?ご連絡をお待ちしております。
このサイトについて

1910年代の京都 • 八坂の塔

祇園祭でよく知られている八坂神社と、巨大な木造の舞台で知られている清水寺の間に、この46メートルの八坂の塔がある。この塔は一本の木製のシャフトを中心に建てられている。塔の正式な名は法観寺で、聖徳太子(573~621)の創建になるこの寺は、嘗ては東山一帯に広大な面積を占めていた。現存するのはこの塔のみだが、この辺りの小さな家々の間に誇り高く建っている。

1179年に清水寺と八坂神社の間で争いが起こった際、この塔は焼き払われた。1191年にこの塔が再建されたのは将軍源頼朝(1147~1199)の命による。しかし、1291年と1436年には火災に遭い、現存する塔は将軍足利義教(1394~1441)が1440年に建てたもの。

この塔は京都で私の好きなものの一つ。ツーリストの主なルートからは少し離れているので、通りを歩いている内に独りでに塔の前に出ることが多い。残念ながら、京都のシンボルとして有名であるのに電線がこの眺めを壊している。しかし、近くの通りでは電線を地下に埋める工事が進んでいるから、塔の眺めも昔に戻る希望はある。

八坂の塔は浮世絵にもよく描かれている。

撮影者: 撮影者未詳
発行元: トンボヤ
メディア: 絵葉書
写真番号 70419-0006

写真利用許可を申請される場合は、この写真番号で指定して下さい。
オンラインのご注文も可能です(英語): 70419-0006 @ MeijiShowa.com

注意
写真の使用には料金が発生します。
Posted by • 2008-07-22
コメントをどうぞ







Textile ヘルプ

注意点: 貴方のメールアドレスは必ずご記入下さい。但し表示されることはありません。