吉原の遊廓。当時の建築は西欧の影響を強く受けているが、吉原は日本特有の雰囲気を未だ残していた。" />

OLD PHOTOS of JAPAN, 日本の古写真:明治、大正、昭和、古い写真を通して「日本」を知るフォトブログ

Old Photos of Japan
1860年代から1930年代の日本の写真を紹介しています。1854年、日本は200年以上続いた鎖国を解き、それは真に驚くべき変化の引き金となりました。ちょうどその頃、まるで運命かのように、写真が発明されました。古い日本が消え、新しい日本が生まれるにつれ、挑戦心ある写真家たちが写真を撮りました。貴重で珍しいこれらの写真から、古い日本の当時の暮らしを見ることができます。

ボランティア募集中!

記事を日本語に翻訳ができる方募集中です!ボランティアしませんか?ご連絡をお待ちしております。
このサイトについて

1890年代の東京 • 吉原の遊廓

19世紀末の東京の歓楽街、吉原の遊廓。当時の建築は西欧の影響を強く受けているが、吉原は日本特有の雰囲気を未だ残していた。

吉原が最初にできたのは1617年で、日本橋近くにあった。17世紀の後半になって、市内から浅草の近くに移されて新吉原と改名したが、間もなく「新」は使われなくなった。

その後吉原は何度も焼失したが、その都度灰の中から立ち上がり、全く新しい顔を見せた。この新しい場所に移って以後ここを廃墟と化した火災の数は多すぎて、殆ど把握できない。1677年1月10日に最初の火災が起きてから、この写真が撮影される少し前の1896年3月15日の間に起きたとされる火災の回数は34回を下らない。

その中で吉原が全焼した火災もかなり多かった。火災にも色々あって、浴室が火元になったもの、煙草屋から出たもの、寺院から出火したものなどがあった。火災の被害が大きかったばかりでなく、その間に多くの人命も失われた。1

この写真を撮影した後、吉原はまた火災に見舞われた。最も壊滅的だったのは、1913年、1923年1945年の火災。


1846年の吉原の地図。1.京町一丁目、2.揚屋町; 3. 江戸町一丁目; 4. 水道尻; 5.仲ノ町; 6.大門; 7.京町二丁目; 8.角町; 9.江戸町二丁目

1 De Becker, J. E. (1899). The Nightless City or the History of the Yoshiwara Yukwaku. Max Nössler & Co: 249-254.

2 この写真が撮影された遊廓がどこにあったのかは明らかでないので、このGoogleの地図では昔の入り口で、現在の台東区千束4丁目にあった大門の位置を示してある。

撮影者: 撮影者未詳
発行元: 発行元未詳
メディア: 鶏卵紙
写真番号 70621-0002

写真利用許可を申請される場合は、この写真番号で指定して下さい。
オンラインのご注文も可能です(英語): 70621-0002 @ MeijiShowa.com

注意
写真の使用には料金が発生します。
Posted by • 2008-06-24
コメントをどうぞ







Textile ヘルプ

注意点: 貴方のメールアドレスは必ずご記入下さい。但し表示されることはありません。