OLD PHOTOS of JAPAN, 日本の古写真:明治、大正、昭和、古い写真を通して「日本」を知るフォトブログ

Old Photos of Japan
1860年代から1930年代の日本の写真を紹介しています。1854年、日本は200年以上続いた鎖国を解き、それは真に驚くべき変化の引き金となりました。ちょうどその頃、まるで運命かのように、写真が発明されました。古い日本が消え、新しい日本が生まれるにつれ、挑戦心ある写真家たちが写真を撮りました。貴重で珍しいこれらの写真から、古い日本の当時の暮らしを見ることができます。

ボランティア募集中!

記事を日本語に翻訳ができる方募集中です!ボランティアしませんか?ご連絡をお待ちしております。
このサイトについて

1890年代 • 生け花を活ける女性

着物姿の女性が生け花を活けている。左側の女性は四角形の花瓶に花を活けており、もう丸型の花瓶を使っている。これから活ける花が皿の上にあり、水が入った水差しが右側の女性の膝の近くに置いてある。

特に明治時代(1868~1912)と大正時代(1912~1926)には、より望ましい花嫁候補になるため生け花を習う若い女性が多かった。この習慣はつい最近まで見られた。しかし、生け花という素晴しい芸術の歴史は更に古くまで遡る

この歴史は600年以上で、元々はに花を供える儀式がその起源である。仏教が日本に伝わったのは6世紀。仏教発祥の地であるインドでは、花弁をばらまくか花を無造作に活けたが、日本の仏教僧侶は、祭壇に供える花を容器に入れる方法を考え出した。

最も古い生け花の流儀は池坊で、その起源は京都の六角堂の一人の僧侶まで遡る。この僧侶は祭壇に供える花を並べるのが巧みで、他の大勢の僧侶達に教えた。

最初は生け花を嗜んだのは僧侶か貴族階級だけだったが、15世紀後半になると一般庶民が楽しめる程にまで発展した。

永年に亘って、数多くの流派が生まれ、夫々の流派が全て決まったスタイルを持つようになった。それによって当然指導書の数も増えた。現存する最も古い原稿は「花王以来の花伝書」で、1486年まで遡る。1


花王以来の花伝書

1 池坊。初期のいけばな。2008年6月26日検索。

2 生け花インターナショナル(I.I.)は、生け花の振興と鑑賞のための非営利文化団体。

撮影者: 撮影者未詳
発行元: 発行元未詳
メディア: 鶏卵紙
写真番号 70613-0003

写真利用許可を申請される場合は、この写真番号で指定して下さい。
オンラインのご注文も可能です(英語): 70613-0003 @ MeijiShowa.com

注意
写真の使用には料金が発生します。
Posted by • 2008-06-27
コメントをどうぞ







Textile ヘルプ

注意点: 貴方のメールアドレスは必ずご記入下さい。但し表示されることはありません。