OLD PHOTOS of JAPAN, 日本の古写真:明治、大正、昭和、古い写真を通して「日本」を知るフォトブログ

Old Photos of Japan
1860年代から1930年代の日本の写真を紹介しています。1854年、日本は200年以上続いた鎖国を解き、それは真に驚くべき変化の引き金となりました。ちょうどその頃、まるで運命かのように、写真が発明されました。古い日本が消え、新しい日本が生まれるにつれ、挑戦心ある写真家たちが写真を撮りました。貴重で珍しいこれらの写真から、古い日本の当時の暮らしを見ることができます。

ボランティア募集中!

記事を日本語に翻訳ができる方募集中です!ボランティアしませんか?ご連絡をお待ちしております。
このサイトについて

1900年代 • 劇場の公演風景

子供の観客で満員になって、電気照明がある劇場の舞台で演技している俳優達を写した、大変珍しい写真。右手の奥には二人の演奏者が見える。舞台助手(後見)が一人、舞台前面に座って竿を持っている。もう一人の助手が女性役の男優の後ろに座っている。はっきりと眼に見えるにも関わらず、日本の観客は後見とは「眼に入らないもの」だという考えに慣れてしまっていた。後見が黒い衣装を着けているのが、この見方を助長した。

女性役の男優の隣にある掲示には、「日高川渡し場」と書かれている。これによって、この芝居は元々文楽の出し物だった「日高川入相花王」であるとわかる。


この部分写真では、掲示、男優、それに画の描かれた書き割りが見える。

「日高川入相花王」は、安珍という僧侶と恋に落ちた清姫という女性の物語である。安珍は彼女の求愛を退けて、渡し舟の船頭に彼女に日高川を渡らせないようにする。怒った清姫は川に飛び込むと、獰猛な大蛇に変身する。川を渡った彼女は安珍が道成寺の鐘の中に隠れていることを知る。そこで巨大な鐘に巻き付いて、鐘と安珍を火の海の中で焼いてしまう。

道成寺和歌山県日高郡日高川町に現存する。「日高川入相花王」は人気のあった芝居で、清姫と船頭の場面は数多くの浮世絵に見られる。

このビデオクリップは、原作の文楽の出し物の一場面を見せる。この場面では、清姫が大蛇へ劇的に変身する。



1 この写真の出所は未だ特定できないが、ネガには770番と書かれている。

2 日本の劇場について更に知りたい場合は、日本の国立劇場のサイトを見られたい。

3 冨田人形共遊団は「日高川入相花王」を演ずる幾つかの文楽劇団の一つ。無形文化財にしていされている。お問合せ:冨田人形会館。〒526-0131滋賀県東浅井郡びわ町富田758番地。電話:0749-72-5257。

撮影者: 撮影者未詳
発行元: 発行元未詳
メディア: 鶏卵紙
写真番号 70606-0009

写真利用許可を申請される場合は、この写真番号で指定して下さい。
オンラインのご注文も可能です(英語): 70606-0009 @ MeijiShowa.com

注意
写真の使用には料金が発生します。
Posted by • 2008-06-28
コメントをどうぞ







Textile ヘルプ

注意点: 貴方のメールアドレスは必ずご記入下さい。但し表示されることはありません。