OLD PHOTOS of JAPAN, 日本の古写真:明治、大正、昭和、古い写真を通して「日本」を知るフォトブログ

Old Photos of Japan
1860年代から1930年代の日本の写真を紹介しています。1854年、日本は200年以上続いた鎖国を解き、それは真に驚くべき変化の引き金となりました。ちょうどその頃、まるで運命かのように、写真が発明されました。古い日本が消え、新しい日本が生まれるにつれ、挑戦心ある写真家たちが写真を撮りました。貴重で珍しいこれらの写真から、古い日本の当時の暮らしを見ることができます。

ボランティア募集中!

記事を日本語に翻訳ができる方募集中です!ボランティアしませんか?ご連絡をお待ちしております。
このサイトについて

1890年代 • 脱穀

一人の農婦が千歯扱きで稲を扱いていて、農夫が一人藁で作った袋を棒に通して担いでいる。背景には稲刈りが終わった田圃が見える。稲は脱穀の前に乾かすのが習慣だった。

千歯扱き(千歯とも言われた)は、日本独特のもので元禄の頃(1688~1704)大工村(現在の大阪府高石市の一部)で考案された。

腰の高さに木製の枠があってそこに歯が出ている。歯は鉄か竹製で、そのためこの道具は大きな櫛のように見える。

稲束をこの櫛を通して引くと、実の部分が茎から離れる。小麦、大麦や燕麦の場合は、千歯扱きで穂を取り除き、その後殻ざおで叩いて脱穀が終わった。

千歯扱きが現れる前は、脱穀には「扱箸」という原始的な道具を使った。これは基本的には巨大な箸のような、割れた竹を使うもので、稲はその箸を通して引いて実の部分を取り除いていた。時間がかかりきつい仕事だった。

従って千歯扱きによって稲扱きの効率は大幅に上ったが、同時にそれまで扱箸を使って生計を立てていた大勢の寡婦達の仕事がなくなった。

20世紀になって西洋の農業技術が入って来ると、千歯扱きは姿を消した。

明治初期の農家の暦

三月から四月:苗床に稲の種を蒔き、牛を使って田を耕し、肥料を施す。

五月から六月:田圃に稲を植え変え、草取りをやり、麦を取り入れる。

七月から八月:田の草取り、川の水で田を灌漑。

十月から十一月:稲を刈り入れ、脱穀して、麦を蒔く。

十二月から二月:残った稲藁で藁草履などを作り、麦の世話をする。

fn1.「ウイキペディア」には、日本帝国の農産業についての優れた記事がある(英語)。

撮影者: 玉村康三郎
発行元: 玉村康三郎
メディア: 鶏卵紙
写真番号 71205-0009

写真利用許可を申請される場合は、この写真番号で指定して下さい。
オンラインのご注文も可能です(英語): 71205-0009 @ MeijiShowa.com

注意
写真の使用には料金が発生します。
Posted by • 2008-05-15
コメントをどうぞ







Textile ヘルプ

注意点: 貴方のメールアドレスは必ずご記入下さい。但し表示されることはありません。