OLD PHOTOS of JAPAN, 日本の古写真:明治、大正、昭和、古い写真を通して「日本」を知るフォトブログ

Old Photos of Japan
1860年代から1930年代の日本の写真を紹介しています。1854年、日本は200年以上続いた鎖国を解き、それは真に驚くべき変化の引き金となりました。ちょうどその頃、まるで運命かのように、写真が発明されました。古い日本が消え、新しい日本が生まれるにつれ、挑戦心ある写真家たちが写真を撮りました。貴重で珍しいこれらの写真から、古い日本の当時の暮らしを見ることができます。

ボランティア募集中!

記事を日本語に翻訳ができる方募集中です!ボランティアしませんか?ご連絡をお待ちしております。
このサイトについて

1930年代の京都 • 仏教の僧侶

京都の東福寺境内を歩く僧侶の列。手に持っている袋には、「大本山東福寺本堂再建」と書かれている。本堂の再建工事のための喜捨を求めて、市内に出かける途中のようだ。

大本山東福寺は禅宗臨済宗東福寺派の大本山。元は1236年の発願で、1236年から1255年の間に建立された。1319年、1334年、1336年と火災に逢ったが、1350年代の後半に、元のプラン通に再建された。

この寺を建立したのは摂政九条道家(1192~1252)だが、その際奈良の東大寺興福寺から着想を得たので、東福寺の名は東大寺の「東」と興福寺の「福」を組み合わせたもの。

1881年(明治14年)にも火災で壊滅的な打撃を受けたが、再建された。この再建は数十年を要し、遂に1934年(昭和9年)に完成を見た。この写真は、その再建工事中の資金集めを示す、優れた歴史的文献である。

この寺は現存しており、中世の禅寺の代表的な一例で、京都の禅寺の中では最大級の一つであり、最も重要な寺である。1

この写真を撮影した正確な場所は未だ不明だが、Googleの地図で東福寺の場所はわかる。

1 臨済・黄檗禅。「東福寺」。2008年4月14日検索。

撮影者: 撮影者未詳
発行元: 発行元未詳
メディア: ゼラチン・シルバー・プリント
写真番号 80130-0007

写真利用許可を申請される場合は、この写真番号で指定して下さい。
オンラインのご注文も可能です(英語): 80130-0007 @ MeijiShowa.com

注意
写真の使用には料金が発生します。
Posted by • 2008-04-14
コメントをどうぞ







Textile ヘルプ

注意点: 貴方のメールアドレスは必ずご記入下さい。但し表示されることはありません。