OLD PHOTOS of JAPAN, 日本の古写真:明治、大正、昭和、古い写真を通して「日本」を知るフォトブログ

Old Photos of Japan
1860年代から1930年代の日本の写真を紹介しています。1854年、日本は200年以上続いた鎖国を解き、それは真に驚くべき変化の引き金となりました。ちょうどその頃、まるで運命かのように、写真が発明されました。古い日本が消え、新しい日本が生まれるにつれ、挑戦心ある写真家たちが写真を撮りました。貴重で珍しいこれらの写真から、古い日本の当時の暮らしを見ることができます。

ボランティア募集中!

記事を日本語に翻訳ができる方募集中です!ボランティアしませんか?ご連絡をお待ちしております。
このサイトについて

1890年代 • 御高祖頭巾と風呂敷

冬の厚手の着物を着て、防寒用の御高祖頭巾を頭に巻いた女性のスタジオ写真。手に持っているのは風呂敷包みで、下駄を履き、昔からの髪型に結っている。

御高祖頭巾が普及しだしたのは、享保年間(1716~1736)で絹のクレープ織だった。若い女性が身につけたのは紫、薄い紫と赤の御高祖頭巾で、中年女性の場合は、濃い青、灰色、鉄灰色だった。

風呂敷は、衣類、お土産、弁当箱などの小物を持ち歩くのに使われ、商品を得意先に届ける場合にも使った。江戸時代には、銭湯へ入浴に行く時に衣類を包むのによく使われた。現在の風呂敷という名前は、ここから来ている。それ以前は、平包と言われていた。

戦後、風呂敷はプラスチックバッグに取って代られたが、最近は環境への関心が高まって、復活している。この撮影者は、「雨の中の女性」、「旅姿の女性」、「雨傘を持つ女性」の場合同様、富士山を背景に使っているのが面白い。

撮影者: 撮影者未詳
発行元: 発行元未詳
メディア: 鶏卵紙
写真番号 80129-0031

写真利用許可を申請される場合は、この写真番号で指定して下さい。
オンラインのご注文も可能です(英語): 80129-0031 @ MeijiShowa.com

注意
写真の使用には料金が発生します。
Posted by • 2008-04-17
コメントをどうぞ







Textile ヘルプ

注意点: 貴方のメールアドレスは必ずご記入下さい。但し表示されることはありません。