OLD PHOTOS of JAPAN, 日本の古写真:明治、大正、昭和、古い写真を通して「日本」を知るフォトブログ

Old Photos of Japan
1860年代から1930年代の日本の写真を紹介しています。1854年、日本は200年以上続いた鎖国を解き、それは真に驚くべき変化の引き金となりました。ちょうどその頃、まるで運命かのように、写真が発明されました。古い日本が消え、新しい日本が生まれるにつれ、挑戦心ある写真家たちが写真を撮りました。貴重で珍しいこれらの写真から、古い日本の当時の暮らしを見ることができます。

ボランティア募集中!

記事を日本語に翻訳ができる方募集中です!ボランティアしませんか?ご連絡をお待ちしております。
このサイトについて

1930年代の別府 • 流川通り

山々の眺望と流川通り。この写真の頃は、ここは数千の神聖な温泉で有名な別府の主なショッピング街だった。20世紀初頭、流川通りはよく小説や芸術作品に取り上げられた。事実有名な作家織田作之助(1913~1947)の姉は、此処に一軒の店を構えていた。1

此処には川が流れていて、その後暗渠になったが、この通りはその川から名付けられた。この川は名残川という名前でも知られ、名残川橋の名前を示す石柱がこの辺りにあるが、殆どの人は川のことは覚えていない。

別府の歴史は古い。江戸時代には既に8箇所の温泉があり、江戸時代末までには街道に沿って旅館が建てられた。

1872年(明治5年)には別府港ができて、町の繁栄に大きく貢献することになった。特に開発が本格的になったのは明治時代(1868~1912)の終わり頃で、この町は日本で最も知られた温泉保養地の一つに成長した。

特に第二次大戦後は、別府は修学旅行と新婚旅行の行先として人気が出た。.

別府は、日本で最大数の湯源があり、世界中にある11種類の温泉中10種類が此処にあることを誇る。湯量の面では、別府を上回るのはアメリカのイエローストーン公園しかない。

この町には、驚くほど多様な温泉がある。例えば、砂湯、蒸し湯、それに世界最大の露天泥湯など。温泉が人々の生活に大きな役割を演じていることは、驚くべきことではない。

グーグルの地図では、通りの場所はわかるが撮影者がどこにいたかはわからない。

1 Viento ~おおいたの風~ 2003年10月 Vol.1。おおいた文学紀行:別府流川文学。2008年5月1日検索。

撮影者: 撮影者未詳
発行元: 発行元未詳
メディア: 絵葉書
写真番号 70116-0010

写真利用許可を申請される場合は、この写真番号で指定して下さい。
オンラインのご注文も可能です(英語): 70116-0010 @ MeijiShowa.com

注意
写真の使用には料金が発生します。
Posted by • 2008-04-27
コメントをどうぞ







Textile ヘルプ

注意点: 貴方のメールアドレスは必ずご記入下さい。但し表示されることはありません。