OLD PHOTOS of JAPAN, 日本の古写真:明治、大正、昭和、古い写真を通して「日本」を知るフォトブログ

Old Photos of Japan
1860年代から1930年代の日本の写真を紹介しています。1854年、日本は200年以上続いた鎖国を解き、それは真に驚くべき変化の引き金となりました。ちょうどその頃、まるで運命かのように、写真が発明されました。古い日本が消え、新しい日本が生まれるにつれ、挑戦心ある写真家たちが写真を撮りました。貴重で珍しいこれらの写真から、古い日本の当時の暮らしを見ることができます。

ボランティア募集中!

記事を日本語に翻訳ができる方募集中です!ボランティアしませんか?ご連絡をお待ちしております。
このサイトについて

1880年代 • 駕籠に乗った女性

クリックすると拡大

淑やかな装いの女性が、2人の駕籠かきの担ぐ駕籠に乗っている。駕籠かきの髪型と服装は昔からのもので、杖を持っているが、この杖は「息杖」といい、歩きながら息入れする時に使った。駕籠かきは草鞋を履いている。駕籠の屋根にある紙の傘は、乗り手の荷物を置くのによく使わ

もっと詳しく | コメントをどうぞ

1920年代の東京 • 東京駅

クリックすると拡大

東京駅は丸の内のビジネス街にあり、皇居や銀座の商店街にも近く、建築家の辰野金吾が日露戦争での日本の勝利を祝って設計した。残念ながら美しい円屋根と最上階は1945年5月25日と6月25日の焼夷弾爆撃で破壊された。

もっと詳しく (地図付き) | コメントをどうぞ

1890年代の大阪 • 四天王寺

大阪の四天王寺は593年に聖徳太子(574~622)が建立したもので、日本の寺院建築の第一波世代に属する。日本最古の仏教寺院の一つで、四方を守護する四天王を安置するために建てられた。大阪では、親しみを込めて「天王寺さん」と呼ぶ。

もっと詳しく (地図付き) | コメントをどうぞ

1890年代の大阪 • 心斎橋

クリックすると拡大

心斎橋(心斎の橋)から北大阪を見た写真。橋を渡った辺りは書店が多いことで知られた。背景にある大きな建物は、北御堂と南御堂で何れも仏教寺院。

もっと詳しく (地図付き) | コメントをどうぞ