OLD PHOTOS of JAPAN, 日本の古写真:明治、大正、昭和、古い写真を通して「日本」を知るフォトブログ

Old Photos of Japan
1860年代から1930年代の日本の写真を紹介しています。1854年、日本は200年以上続いた鎖国を解き、それは真に驚くべき変化の引き金となりました。ちょうどその頃、まるで運命かのように、写真が発明されました。古い日本が消え、新しい日本が生まれるにつれ、挑戦心ある写真家たちが写真を撮りました。貴重で珍しいこれらの写真から、古い日本の当時の暮らしを見ることができます。

ボランティア募集中!

記事を日本語に翻訳ができる方募集中です!ボランティアしませんか?ご連絡をお待ちしております。
このサイトについて

1890年代 • 脱穀

一人の農婦が千歯扱きで稲を扱いていて、農夫が一人藁で作った袋を棒に通して担いでいる。背景には稲刈りが終わった田圃が見える。稲は脱穀の前に乾かすのが習慣だった。

もっと詳しく | コメントをどうぞ

1890年代 • お客のお出迎え

旅館の従業員達が玄関で泊り客を出迎えている。このように床に座って深々とお辞儀をする光景は、今でも日本中の旅館で見られる。

もっと詳しく | コメントをどうぞ

1890年代の嵐山 • 川に浮かぶ丸太

京都嵐山の川に浮かぶ丸太。背景に渡月橋が見える。この橋で川の名前が保津川から桂川に変わる。更に上流では大堰川と呼ばれる。この川は保津峡、またの名嵐峡という、息を呑むような渓谷を流れる。

もっと詳しく (地図付き) | コメントをどうぞ

1890年代の京都 • 鴨川

京都鴨川沿いの料理屋と旅館の美しい風景。これは恐らく三条大橋の上から撮影したもの。背景に見えるのは恐らく二条橋。川の堤には川の流れに近づき易いように多くの階段があるのを見ても、鴨川は京都の人々にとって極めて重要なものだったことがわかる。飲料水の源泉として不可欠だっただけでなく、暑い夏の間はこの川のお蔭で人々が大いに必要とした一息入れる場となった。

もっと詳しく (地図付き) | コメントをどうぞ