OLD PHOTOS of JAPAN, 日本の古写真:明治、大正、昭和、古い写真を通して「日本」を知るフォトブログ

Old Photos of Japan
1860年代から1930年代の日本の写真を紹介しています。1854年、日本は200年以上続いた鎖国を解き、それは真に驚くべき変化の引き金となりました。ちょうどその頃、まるで運命かのように、写真が発明されました。古い日本が消え、新しい日本が生まれるにつれ、挑戦心ある写真家たちが写真を撮りました。貴重で珍しいこれらの写真から、古い日本の当時の暮らしを見ることができます。

ボランティア募集中!

記事を日本語に翻訳ができる方募集中です!ボランティアしませんか?ご連絡をお待ちしております。
このサイトについて

1890年代の長崎 • 町と湾の眺め

風頭山から見た長崎南部の全景。街は昔からの木造建築が建て込んでおり、港は船で賑わっている。出島が写真中央の右側に見える。それを本土と隔てている水路は、流れを付け替えた中島川のように見える。出島の向こうの埠頭にある建物は、税関である。外人居留地がその左側にある。

もっと詳しく (地図付き) | コメントをどうぞ

1890年代の京都 • 納涼床と芸者

芸者が数人、京都のある料理屋の納涼床で寛いでいる。この写真は、四条大橋の上、鴨川の右岸から撮ったもののようだ。薄い着物を着た女が酒を注いでおり、右手の二人の女は手に煙管を持っている。上敷きを敷いた床の上に行灯が二つ置いてある。

もっと詳しく | コメントをどうぞ

1880年代の長崎 • 外国人居留地

南山手から見た長崎港、大浦と東山手の外国人居留地の眺め。右手に見えるベランダのある建物は、ベルビューホテルで、現在長崎全日空ホテルグラバーヒルが建っている場所にあった。ベルビューホテルは1863年に開業した日本初の西洋スタイルホテルの一つ。外国人客がよく泊まった。

もっと詳しく (地図付き) | コメントをどうぞ

1880年代の大阪 • 天王寺の眺め

大阪の四天王寺付近の全景。四天王寺の五重塔が遥か左側に見える。当時は重要な目印の役割も果たしていたことがわかって、興味深い。今では寺院は周囲の高層建築に囲まれて、事実上見えない。想像もつかないが、前面の田園地帯は現在の日本橋でんでんタウンである。

もっと詳しく (地図付き) | コメントをどうぞ