OLD PHOTOS of JAPAN, 日本の古写真:明治、大正、昭和、古い写真を通して「日本」を知るフォトブログ

Old Photos of Japan
1860年代から1930年代の日本の写真を紹介しています。1854年、日本は200年以上続いた鎖国を解き、それは真に驚くべき変化の引き金となりました。ちょうどその頃、まるで運命かのように、写真が発明されました。古い日本が消え、新しい日本が生まれるにつれ、挑戦心ある写真家たちが写真を撮りました。貴重で珍しいこれらの写真から、古い日本の当時の暮らしを見ることができます。

ボランティア募集中!

記事を日本語に翻訳ができる方募集中です!ボランティアしませんか?ご連絡をお待ちしております。
このサイトについて

1920年代  • お茶を飲む

女性が二人と男性が一人、着物姿で畳の上の座布団に座っている。この部屋は襖で仕切られた広い部屋で、旅館の一室のようだ。男は見事な木製の火鉢で手を温めているが、これは湯の保温に使われたもの。前に座っている女性は、お茶の用意をしているようだ。

もっと詳しく | コメントをどうぞ

1910年代の大阪 • 高麗橋

大阪の高麗橋が最初にできたのは、豊臣秀吉(1536~1598)の時代。大阪には公儀(幕府)が架けた橋は12しかないが、その一つで1598年に完成した巨大な豊臣の大阪城の外堀だった東横堀川に架かっていた。高麗橋から城の巨大な天守閣が眺められるように架けられていた。この橋は城と、商いの場だった船場をつなぐ橋として大阪の歴史を通じて極めて重要な役割を演じて来た。

もっと詳しく (地図付き) | コメントをどうぞ

1920年代の東京 • 浅草仲見世

東京の浅草にある浅草寺境内の土産物屋。背景には巨大な仁王門が見える。この場所に初めて店ができたのは、1885年(明治18年)。1923年の関東大震災でこれらの店は破壊されたが、1925年にはコンクリートで再建された。仲見世について更に詳しいことは、「1934年代の東京 • 浅草仲見世」や「1910年代の東京 • 浅草仲見世」にもある。

もっと詳しく (地図付き) | コメントをどうぞ

1910年代の東京 • 浅草仲見世

東京の浅草にある浅草寺境内の土産物屋。これらの煉瓦造りの店は1885年(明治18年)にできた。1923年の関東大震災でこれらの店は破壊されたが、1925年にはコンクリートで再建された。

もっと詳しく (地図付き) | コメントをどうぞ [1]