OLD PHOTOS of JAPAN, 日本の古写真:明治、大正、昭和、古い写真を通して「日本」を知るフォトブログ

Old Photos of Japan
1860年代から1930年代の日本の写真を紹介しています。1854年、日本は200年以上続いた鎖国を解き、それは真に驚くべき変化の引き金となりました。ちょうどその頃、まるで運命かのように、写真が発明されました。古い日本が消え、新しい日本が生まれるにつれ、挑戦心ある写真家たちが写真を撮りました。貴重で珍しいこれらの写真から、古い日本の当時の暮らしを見ることができます。

ボランティア募集中!

記事を日本語に翻訳ができる方募集中です!ボランティアしませんか?ご連絡をお待ちしております。
このサイトについて

1910年代の神戸 • 三宮

生田神社に通じる生田前の風景。背景に神社の鳥居が見える。昔からの木造の建物の中に、目立っているのは一軒の石造りの洋館。神戸が1868年(明治元年)に開港した頃、この辺りは美しい砂の田舎道が神社から浜まで続いていて、両側には梅、桜、それに無数の石灯籠が並んでいた。オランダ最初の領事館が置かれたのは、この辺りで道の左側だった。これらの木々が満開になる花の季節には、領事が見たのは信じられないような見事な眺めだったに違いない。しかし、これらの木々も石灯籠も1870年代には取り除かれて、田舎道は生田神社と外国人居留地を結ぶ賑やかな商店街になった。


この拡大写真では、鳥居がはっきり見える

この写真が撮影された1900年代初め以降、この辺りは完全に変わった。この古い写真の中の人物が、現在の三宮に足を踏み入れたら、当時とは全く見分けがつかないに違いない。生田神社さえ違って見える。

神戸の簡単な歴史については、「1880年代の神戸 • 山手からの眺め」を見て欲しい。


昭和4年の神戸の地図 1.兵庫県庁、2.三宮駅(これは未だ昔の場所で、その後1931年10月10日に今の場所に移転した。旧三宮駅は1934年に再開して元町駅になった。) 3.元町通、4.三宮神社、5.生田神社。

撮影者: 撮影者未詳
発行元: 上田
メディア: 絵葉書
写真番号 70216-0062

写真利用許可を申請される場合は、この写真番号で指定して下さい。
オンラインのご注文も可能です(英語): 70216-0062 @ MeijiShowa.com

注意
写真の使用には料金が発生します。
Posted by • 2008-10-21
コメントをどうぞ







Textile ヘルプ

注意点: 貴方のメールアドレスは必ずご記入下さい。但し表示されることはありません。