OLD PHOTOS of JAPAN, 日本の古写真:明治、大正、昭和、古い写真を通して「日本」を知るフォトブログ

Old Photos of Japan
1860年代から1930年代の日本の写真を紹介しています。1854年、日本は200年以上続いた鎖国を解き、それは真に驚くべき変化の引き金となりました。ちょうどその頃、まるで運命かのように、写真が発明されました。古い日本が消え、新しい日本が生まれるにつれ、挑戦心ある写真家たちが写真を撮りました。貴重で珍しいこれらの写真から、古い日本の当時の暮らしを見ることができます。
姉妹サイトはこちら

MeijiShowa
MeijiShowaでは、 明治、大正、昭和初期にかけてのアーカイブ写真・イラスト・ならびに古地図を、 エディトリアル・広告・パッケージデザインなどのライセンスとして販売しております。

1900年代の横浜 • 元町からの眺め

クリックすると拡大

前田橋(前面中央)に向って延びている通りが元町で、魅力的な商店が本拠を構えている。橋を渡ると本村通になる。この通りを途中まで歩いて小田原町まで行き、左に曲がると横浜の中華街の中心に行き着く。ここは、この頃の外国のハンドブックには、「悪臭を放つ」と書かれている町。この写真の上のほうの左側の加賀町は、倉庫や茶の加熱を業とする倉庫が数多くあることで知られていた。

元町のショッピング街から大変急な階段を102段登ると一つの丘に通じており、そこに有名な茶店がある。この写真はその場所から撮っている。ここからの横浜や港の眺めは素晴しいが、富士山も眺められる。この濱はペリー提督(1794~1858)が好んで休息した場所として、地元では知られている。初めの頃ここにあった茶店には、提督が書いた詩が残っている筈だとさえ思われていた。1

この場所に特別の思い出を持っていたのはペリー提督だけではない。作家谷崎潤一郎(1886~1965)は、元町の外国人相手の店に魅了されて、「花屋、洋服店、帽子屋、パン屋、カフェなどでは、店頭を飾っているものが花、菓子、洋服など何であっても、西洋の色彩が荒々しく溢れている。」と書いている。

西洋人は中華街の臭さを取り上げるのが常だが、谷崎の場合は西洋文化の臭いに気づいていて、「葉巻の匂い、チョコレートのアロマ、花の香り、香水の匂い - 中でも一番強いのは葉巻とチョコレート」だと書いている。2

今でも元町は、財布に何度も手を伸ばしたくなるような魅力のある店が並ぶショッピング街だが、眺めは大きく変わっている。堂々たる船が並んでいた港の素晴しい眺めは、コンクリートのビルの海に完全に塞がれてしまった。前田橋もその下の運河も、怪獣のような高架高速道路に隠れて見えない。ペリー提督も谷崎も大きなショックを受けるだろう。


1920年(大正9年)の横浜外人居留地の旅行者ガイド地図

1 Terry, T. Philip (1920). Terry’s Guide to the Japanese Empire Including Korea and Formosa. Houghton Mifflin Company, 20.

2 Tanizaki, Junichiro (1923). Nikkai (A Lump of Flesh).

撮影者: 撮影者未詳
発行元: トンボヤ
メディア: 絵葉書
写真番号 70124-0007

写真利用許可を申請される場合は、この写真番号で指定して下さい。
オンラインのご注文も可能です(英語): 70124-0007 @ MeijiShowa.com

注意
写真の使用には料金が発生します。
Posted by • 2012-03-17
コメントをどうぞ







Textile ヘルプ

注意点: 貴方のメールアドレスは必ずご記入下さい。但し表示されることはありません。