OLD PHOTOS of JAPAN, 日本の古写真:明治、大正、昭和、古い写真を通して「日本」を知るフォトブログ

Old Photos of Japan
1860年代から1930年代の日本の写真を紹介しています。1854年、日本は200年以上続いた鎖国を解き、それは真に驚くべき変化の引き金となりました。ちょうどその頃、まるで運命かのように、写真が発明されました。古い日本が消え、新しい日本が生まれるにつれ、挑戦心ある写真家たちが写真を撮りました。貴重で珍しいこれらの写真から、古い日本の当時の暮らしを見ることができます。

このページをシェアする
姉妹サイトはこちら

MeijiShowa
MeijiShowaでは、 明治、大正、昭和初期にかけてのアーカイブ写真・イラスト・ならびに古地図を、 エディトリアル・広告・パッケージデザインなどのライセンスとして販売しております。

1890年代の有馬 • 温泉の村

クリックすると拡大

民家、温泉旅館、蔵などがぎっしりと建っている有馬温泉の風景。ここは、神戸に近い古くからの温泉地である。村のはずれを曲がりくねって流れているのは、 有馬川である。この川にかかる白い橋は太古橋で、近くの三田に通じる三田街道に続いている。背景に見える大きな山は六甲山で、この頃も木が少ない。1902年(明治35年)には、大規模な植林計画が始まり、1903年(明治36年)には再度山周辺で73万本が植樹されている。

もっと詳しく (地図付き) | コメントをどうぞ

1880年代 • 神主

祭服を着ている一人の神主の、誰が見ても豪華な写真。これは私のコレクションの中で、最も好きなものの一つ。神道は日本で生まれ、元来は極めて地方色の強い信仰の形だった。日本の国自体よりも古く、統一国家ができる前から存在していた。信仰の対象は「神」で、それは先祖、自然物(例えば富士山やある特定の木など)、それに豊饒や成長などの自然現象である場合が多かった。しかし神道を今日の姿にしているのは信仰以上のもので、「清め」と「穢れ」の間の緊張関係、自分達の暮らしや暮らしの場から穢れを払うことを強調していることだった。神道の祭祀は、穢れを払うために行なわれるものが多い。

もっと詳しく | コメントをどうぞ

1910年代の神戸 • 海からの眺め

1908年から1918年の頃の、港から見た神戸の眺め。左端の山の麓に見えるオレンジ色の屋根の建物は、トア・ホテルで1908年に建てられた。中央の右側に見える大きな建物は、1907年に建ったオリエンタルホテル。左側に見えるアーチのあるビルは、香港上海銀行の神戸支店。1918年に建てられた貿易商社の三井物産のオフィスビルと有名な船会社日本郵船のオフィスビル、それに1922年に建った大阪商船会社のオフィスビルは、この時は未だ建っていない。1880年代のこの辺りをクローズアップで見るのなら、「1880年代の神戸 海岸通の建物」を見て欲しい。これらのビルについて知りたい場合は、「1920年代の神戸 商館」を見て欲しい。

もっと詳しく (地図付き) | コメントをどうぞ

1900年代の長崎 • 海岸通の建物

これは1907年頃の絵葉書で1、大浦下がり松にあった二つの重要な建物が写っている。白い大きなビルは香港上海銀行の長崎支店で、右側の褐色のビルは長崎ホテル。当時この二つの建物は長崎港の直ぐ傍で、出島からは少し歩けば行ける距離にあった。

もっと詳しく (地図付き) | コメントをどうぞ [2]